FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネウロ乾燥 204話 食【しょくじ】

2009年05月05日 22:21

neuro73.jpg

ただいま札幌。ということでクソ疲れてますが今週もネウロ乾燥いきましょう。
手ブロ更新した後に書くんじゃなかったぜ・・・。

さて、今週は色んな謎がふつふつと湧き上がる、といった感じでしょうか。
日常へ戻ってきた感じですね。わくわくします。

弥子の走る場面から始まる。
先週ぶつかった人は、ま・・・さかの!
「あ・・・れ?あのフードって・・・」
の弥子の台詞通り、ゼラチンでした。声をかけるとふりむくゼラチン。


・・・・・・・・・・・・・・・・アレ

ちょ・・・え?

美人になってる/(^p^)\?ちょ・・・・えwww劇的ビフォーアフターwww

「あんたは・・・ネウ朗様の」
「えと・・・ゼラチン・・・さん?」
驚いて顔をひきつる弥子。
「ゲ、ゲ、驚きましたか?このフード、新調したんでさ。」

いや、そこじゃねーよwww

弥子のモノローグ。
「彼・・・いや、彼女は3年間の間に何が・・・?」

いや、そんな本気で悩まなくてもwww

んで公園のベンチで二人並ぶ。
なんかいいな・・・このツーショット。

ネウ朗は、またここへ戻ってくる時、ゼラチンの口を利用したんですね。
また無理やり拡張させられたんですね。
そしてまた無理やり咥えさせられたんですn(略)

「ネウ朗様は・・・出てくる時、相当楽しみにしてたようでさ。いきいきして、俺の頭ふんづけて
飛んでっちまって。」
「謎が呼んでる・・・って言ってまさあ。」

ネウ朗の謎への執着心。そして人間への興味は衰えてはいない。とゼラは言う。
そしてゼラと別れ、弥子は事務所へ。
ヤキイモを忘れたことを嘆く弥子を足で踏んづけ、「謎は繁殖を続ける。今も世界のどこかで謎は待っているのだ、」と言って、弥子に一枚の紙を渡す。

「これ・・・」
「新着の『謎』だ。」

ネウ朗は中指で弥子を指す。

「この3年間、ただの豆腐でいたワケじゃなかろう。腕っぷしを見させていただこうか。
貴様は我が輩にディナーを御馳走してくれるのだろう?」

ニヤ、と口を動かすネウ朗。
「もちろん、」と目で応える弥子。
相変わらずこの二人の仲はニクいね・・・!

さて、場面変わって。
なんか暗闇に一人たたずむ一人の男。包帯グルッグルですが何これ。誰?
佐々塚生存フラグ・・・?いや、今更それはもうないか。
来週までにもちこしみたいですね。うずうずするわ。

さて、今週はこれにて。
コメお返事は明日起きたら。もしかしたらそれ以上日にちが経つかもしれませんがすいません。
下記事の笹弥子線画、色塗りverはまだうpできないかもです。近日中に仕上げます。
あ、あとやっぱり新記事で上げることにしました。

沢山の拍手、本当にありがとうございました。












追記にて大反省会。



この乾燥はフィクションです。


管理人の痛い被害妄想だと思っててください。



はい、ではさようなら。


ちなみに
ゼラチン⇒ゼラ
佐々塚⇒笹塚


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masato9.blog27.fc2.com/tb.php/501-9339784a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。