FC2ブログ

ヤコを理解しようとする魔人=プライスレス ネウロ感想186話帰【かえる】

2008年12月15日 20:28

IMG_000230.jpg
「理解しようとすればする程 貴様という存在が遠い」
「理解しようとすればする程 ネウロという存在が遠いよ」
でも 素直に感じる
  私達はどこかで繋がってて 理解なんてしようとしなくてもわかるから
やはり 我が輩は
  貴様を必要としているのだろうか

ほら、遠いと思ったらこんなにも近しい
  

30分程度で描いたんでマジ雑で申し訳ないorz

今週はネウヤコ祭りにおじちゃん祭りに石等々プチ祭りにもう松井祭りでしたね。(は
さて感想いきましょう。上の文章は気にしないでください。やっぱり二人は出会う為に生まれてきたんだと思ってまs(略

まず葛西。
なんだこのおっさんかっけぇぇぇぇ!!!!
確かに葛西がやってきた犯罪は無数の人々を苦しめてきた、憎むべき「悪」の存在のはず・・・
しかしこいつだけは死んではいけないと思った。つーか死んでほしくなかった。
小さく写る石等々の新婚漫才(←)にニマニマしつつも、葛西の葛藤のシーンに目が釘付けだった。
人間として長生きすること。それこそに意義がある。
強化細胞なんてものに頼らずに。決して「血族としての名」を名乗らずに。

「葛西様は 燃料切れで途中退場だ」

「一服したらとりあえず死んどくか」

そう言い、葛西は最期の一服をしようとタバコを取り出し、火を求める。

「おーい誰か火ぃ貸してくれよ」

その時を待っていただかのように、天井は崩れ落ち、火を纏った天井の雪崩が葛西に降りかかる。

「火火火。悪いな」

そして葛西は彼の人生そのものであろう「火」と共に散った。
粋だよ。死ぬ間際まで粋なことしやがる。このおじちゃんならきっと地獄でも幸せにフィーバーできると思う。
さよなら葛西善二郎。おじちゃんのことを忘れないよ。

そしてヤコとアヤ。アヤは本物・・ということでしたね。ああ、よかった。
途中までいつ松井先生の次ページドッキリがあるかわからないからハラハラしてた。
本城が残してくれたものは、ヤコへのメッセージと、シックスに確実に不利になる情報。
「すばらしき友人であるおまえに」
と。

そして謎が一つ解けましたね。どうしてアヤが刑務所を脱獄してきたか。
ネウロはアヤの歌を聴きに刑務所へ。結構ヘコんでないかネウロ
ネウロとヤコが同じ体制ね眠っているコマ見た瞬間「萌えへーー!」(ドラマCD石垣風)が止まりませんでした。

「この人と 皆と出会えて良かった」

この言葉を聞けて良かった。
正直、「出会わなきゃよかった」なんて言葉、絶対に言ってほしくなかったから。
出会いは無駄じゃない・・・。んだよ。きっとね・・・(は

さて、嫌のことの後には必ずいいことが待ってる。
ネウロに許されるかどうかわかんないけど、なんか「さあ、先生、仕事ですよ」っていう感じで仲直りしてほしいなぁ。
「これからもオツキアイ願えますか?先生」
「・・・・・うん」
っつー感じで。

なんだこの感想。ほとんど俺の妄想入り混じってね?
つか最後の鬼(妖怪?)のようなネウロが怖かった。
やっぱり・・・結論アレだ。ネウロと付き合っていけんのはヤコしかいないんだって。
あーあ早く来週になれぃ。
まだ一日もたってないけど待ちくたびれてそわそわしちまうy(略)
ネウロとヤコのやりとりが見れるんだな・・・・やっと。楽しみだ。笹ヤコがもう見れないのは言うまでもなく悔しいけど・・・・・ってアレ。泣けてきた。
あー・・・・・チクショーめ・・・・。

来週が楽しみだな・・・。というかもう極限に眠いのでもう寝よう。
もう部活のリハがマジで疲れます。俺が死ぬ場面だけ今日集中的に行われて何度「ガハァッ!」と言ったか。
「なあ・・・俺あと何回ぐらい死ねばいい?」
「あと5,6回かな。ははっ」
笑ってんじゃねーよって。本気で死ぬよ。しかも叫ぶシーンだから喉カラッカラだよバカヤロー。
ではこれから死んだように眠ります・・・orzすいません、コメントお返事は明日・・・!拍手もありがとうございました!励みです~;;

それでは・・・・・・zzzZZZ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masato9.blog27.fc2.com/tb.php/398-5e8900d8
    この記事へのトラックバック